ふと外へ

2007.12.03 Mon

22時50分だった。タバコが切れたので歩いて30mの自販機へ買いに外へ出た。昼間とは違って冷たい風が吹いていた。明日は寒くなりそうだ。この冬一番の寒さだと天気予報で言っている。私の生活費は競輪に走らなければ何とか月末まで過ごせる額を残している。だが、今月はボーナスがある。その支給日は定かではないが、20日過ぎには支給されるだろう。

そんな安易な妄想で、私はわずかな全財産の一部を使おうとしている。明日の熊本全日本選抜競輪にだ。その後に広島記念と伊東記念と久留米記念が控えているのにである。でもこれが博打打ちの性である。目の前の宝物を目にして、それに立ち向かう条件が少しでも揃っていれば、迷う事無く進むのだ。

冷静さなんて持ち合わせていない。時が熟していれば、それ行けどんどんなのである。それにしても、抑制を可能にする状況さえ整っていれば、私は諦めるのである。しかし、今の所持金が中途半端なのだ。ここは勝負せずに措かれようか。自己責任で私は飛んで火に入る夏の虫になるのである。結果は後から付いてくると、よくスポーツ選手がコメントしているが、でも私の場合は結果が目に見えているのである(笑)

落葉は夢を寝かせる庭になり bud

  1. 2007/12/03(月) 23:57:53|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

飛んで火に入る冬の虫が熊本競輪へ行った(その1)

2007.12.03 Mon

飛んで火に入る夏の虫「灯火に集まってくる夏の虫は、自分から火に飛び込んで焼け死ぬ。自ら進んで災いの中に身を投じるたとえ。」こんな諺があるのを承知で火の国熊本へ参戦した私の参戦記を記したい。

12月1日午前9時30分に家を出た。福岡天神バスセンター発10時20分の「ひのくに」と銘打たれた高速バスに乗る。目指す熊本まで1時間半のバスの旅だ。一度行った経験が無駄な行程を省いてくれる。私も馬鹿じゃない。それなりの学習は歳を取ってもしている。熊本県庁前で下車した。丁度12時頃だった。バス停から県庁までの間に公園らしき広場がある。その銀杏並木が見事だった。黄色の落葉がじゅうたんになっていたのだ。






その時の時計は12時8分を指している。その場所から競輪場まで5〜6分の距離だ。以前行った時の記憶を辿りながら、私はその方向へ向かった。もう既に4Rは消化している頃である。それらしき競輪ファンが歩いている様子もない。武道館や野球場が隣接しているその施設を迷う事無く目指して間もなく競輪場へ着いた。



荷物を預けて、前に人生さんと連携した時に陣取った場所へ行った。何も変わらない風景があった。しかし、今日は特別競輪だ。目の前に気になる姿を見つけた。実況放送のテレビの女性カメラマンだ。それとなくずっと観察していたのである(笑)



しかし、何もその女性カメラマンばかりを見ていた訳ではない。しっかりと発走前の姿も凝視していたのだ。このレースは7レースだ。



6レースから打ち始め、3連敗だった私はまだ心に余裕はあったが財布の余裕は少しばかり予想を超えていた。9R、中部ラインの番手島野から2枠単を総流ししていた。3−1で5000円付いた。3枚買っていたので一息ついた。しかし、それから10、11Rと外し、負けは330枚になっていた。最終レース、押さえていた神山からの車券を1枚触り85枚ほどを取り返して、初日は250枚のマイナスで終わる事が出来た。

17時前に競輪場から10分弱ほどにある熊本オリエンタルホテルに着いた。昭和をイメージさせるホテルだった。設備について文句は言えないのだ。なにしろ、宿泊料が4200円である。私が今まで宿泊したホテルで、二番目に安いホテルだった。期待に違わない内容である(笑)ドアはオートロックじゃない(爆)各階に備えている自販機が全て故障中の貼り紙がしてあって使えない(爆爆)部屋には使う理由もないソファーがある。これって、同伴を黙認してるんじゃないの?だったらラブホテルにも使えそう(笑)その他いろいろ。。。

夕食を一人で食べるのは辛いものがあった。連れが居れば、当然のように繁華街へ繰り出し夜の快楽を楽しむんだが、この地では周りに何もない環境だった。下調べもしていないので、諦めてホテルに併設されている焼肉店へ入った。17時半から営業の店へ17時40分に入ったのだ。誰も居ない店内を独占し、好きなテーブルに座った。経済的な定食を頼み、単品を追加する。ビールを2杯飲んで焼酎までは行き着かずお開き。締めて3000円也。

これでいいんだ。一人旅で羽目を外してどうする。旅の恥はかき捨てと言うが、その成れの果ては、空しいのだ。今回はとても覚めた気分だった。もう若くはない。その事実が私を制御している。一人だからって無茶は出来ないのだ。そんな一日が終わり、安ホテルで初日を終えた私は何度も目覚めながら眠れない夜を過ごしたのである。

夜空には星がなくとも手を合わせ bud

  1. 2007/12/03(月) 20:38:59|
  2. 旅打ち|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約