生き過ぎた

2009.08.21 Fri

もうとっくにくたばってもいいものを何故か今日まで生きて来た。明日、今月7日に買ったばかりのノートPCを質に入れる。給料、ボーナスといつもの月より多くの実入りがあったにも拘らず、ちゃらんぽらん財政が破綻したからだ。競輪の負債は給与をはるかに超えた。今月で切れる車検の費用の6万まで手を出してしまった。

本当に必要な金を使わなければならないときに限って無一文状態なのだ。今回、懇意にしている同僚から中古車のあっせんをしてもらった。10年で6万7千キロしか走っていない1000CCの普通車だけど、程度も良く気に入った。売価は5万でいいらしい。車検費用を残していれば即決だったのに。

なのに、この体たらくである。直ぐに買いたい気持ちを抑え言い訳をした。盆に会った息子が今月に限り収入がなく困っている。仕方なく、援助をした。だから、今金がない。その話を聞いた同僚は「いいよ。俺が立て替えておこう。給料日に払ってもらえればいいから」涙が出る思いだった。感謝をしつつ、好意に甘え、その車を買うことができた。

それにしても情けなさの極みだ。全ての苦しい原因を承知しながら、相も変わらない生き方である。馬鹿を通り越している。どれだけ同じ過ちを繰り返せば済むのだろう。アル中、ギャンブル依存症と、はっきりとした病名を突き付けられても、まだ懲りずに足掻く姿がある。

そろそろ、一気に来そうな予感がする。私の存在を全否定する何かが。

今月は2回しか更新しなかった。気力がないからだ。こんなブログなんて、あっても意味ないじゃんと思った。しかし、私には多くの支えられている友が居る。ここを閉鎖するのは簡単なことである。そう思って、いきなりの閉鎖は留まった。

戻りたいものがある 「あの頃へ」 玉置浩二のこの歌はいい。いつになったら戻れるのか、私のあの頃へ。。。

あの頃へ戻って泣いた道迷い bud

  1. 2009/08/21(金) 21:21:47|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

重い腰を上げる

2009.08.13 Thu

今月は気力が湧かない。しかし、思いはいつもある。先月末に給料を貰って、連日競輪三昧だった。その金も6日までに使い果たした。7日がボーナスだった。給料よりも少ない支給額ではあるが、貰えるだけでもありがたいと、世の中の流れの中で納得するしかなかった。即、新しいPCを迷いもなく購入した。その甲斐あって、やっと今までのイライラ感が解消され、快適な環境が戻ったのだ。

車の車検もあるのに、相も変わらず今夜まで打ち続けている。そんな資金や生活費のことなど何も考えないで生きている。手元の資金がなくなるまで馬鹿をやるしかない。哀れな性分である。今日は盆の入りだ。明日から盆休みとなった。何の予定もなくその休みを過ごすことになる。その姿はもう目に見えているようだ。実に情けない風景だろう。

ここ数年訪れていない父母の墓へ参りたい。せめて、普段成していない思いを少しでも叶えるためにも。盆という季節の節目に私にできること。たとえ、思い通りに進まない現状があろうとも、自らの意思で世間に背かない行動をしなければならない。のんびりと車を走らせ、夏の一日を過ごしたいと思っている。

立ち尽くす墓前で聞きし蝉時雨 bud

  1. 2009/08/13(木) 23:55:20|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ブレない日々

2009.08.01 Sat

暇な職場であった今日、唯一の楽しみは昼食と携帯からの大垣のネット投票だった。結果はマイナス100枚。家に帰り、先ほど終わったナイターで追い銭の150枚が消えた。昨日からの負債は400枚になった。すこぶる快適で順調な滑り出しである(笑)それにしても中古のPCが買えたよな。

中小企業を対象とした雇用助成金の恩恵を受け、我社でも先月後半からそれを導入した。やっと来週の月曜日に私の休みのお許しが出た。そう、明日の日曜日と月曜日の連休が実現したのだ。給料日直後の願っても無い条件が揃ったのに、もうその楽しみも半減するかのような負け方である。明日の大垣に今月の進退を賭けリベンジを期す。夕方にはパソコンショップへ踊りながら出かけたいと切に願っているのだ。

振り返るまた振り返る道歩む bud

  1. 2009/08/01(土) 21:12:32|
  2. 競輪|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7

何かをつぶやきたい

2009.07.31 Fri

この一週間、激務だった。早朝に出勤し、20時頃に帰宅する日が数日続いた。疲れ果て、食事を終えて直ぐに寝る。翌朝早く起きなければならないプレッシャーが襲い、夜中に何度も目が覚めて熟睡できない。こんな状況が連日続けば完全に体調を崩してしまうものだ。

やっとその仕事が終わった。一転して今日から盆休み前まで仕事は暇になった。給料日の今日、本来なら幸せ日である筈なのに、私の心は澱んでいた。諸々の支払いを終わらせ残った金は10万ほどだ。私のノートパソコンは苛立つほどの動きで叩き壊したい衝動に駆られる寸前なのだ。

この10万で買い換えたい気持ちがあった。でも、ボーナスの支給日も定かでない現況で、その出費は危険な賭けである。そう、競輪で儲ければいいじゃないかと、もう一人の私がつぶやいた。今夜の京王閣、小倉のナイターに手を出した。順調な滑り出しで推移し、プラス200枚まで行ったのに、気持ちが大きくなって散財し、最終的にはマイナス150枚となった。

競輪ライブ放送から地上波に切り替えると、自民党のマニフェストのニュースが飛び込んできた。野党である民主党のマニフェストに対し、臆面もなく批判を浴びせていたのに、それに対抗する後出しじゃんけんよろしいこの内容には全く持って呆れ果てて物も言えない。即実行すべき政策こそが本来のマニフェストの姿ではないのか。

どれもこれも、民主党に対抗しつつも、その全てが3年から10年後を目途に実施したいとのお粗末な内容に終始している。抽象的で、実現が半ば期待できないようなお飾り的な言葉の羅列に呆気に取られたのが正直な感想だ。どっちが政権与党なのか、これではっきりしたと言ってよい。

何も民主党の政策がいいとは言えない。特に、高速道路の無料化なんて、とても現実的なことではない。せめて半額にすると言えば良いものを。公務員の天下り撤廃も、高額な退職金など一部の報道だけで判断できない仕組みも考慮しなければならない。本当に無駄だと思えるものは他にもあるのだ。表に出てくる一般的な事象より、はるかに根の深い問題は中央に限らず、日本中に眠っている。

自らの身に降りかかって来ない事には関心のない国民性は、知らず知らずの内に、とてつもない大きな代償を背負う事になるだろう。無気力、無関心、無感動に蔓延された今の時代、生きるだけで精一杯の悲しい現実を多くの国民が共有している。情けない世の中である。

飛び出して心地よかった孤独でも bud

  1. 2009/07/31(金) 22:49:50|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すべてを断ちたいが

2009.07.22 Wed

健康診断で下記のような診断が出た。

*肝機能検査で肝障害を認めます。必ず病院で精密検査を受けて下さい。
*白血球検査で異常を認めます。必ず病院で精密検査を受けて下さい。
*体重が今以上にならないようにしましょう。
*脂質検査で異常を認めます。脂肪・糖分を控え、野菜を多く摂りましょう。
*血圧が高値です。塩分を控えるようにしましょう。
*聴力検査で異常を認めます。病院(耳鼻科)で再検査を受けて下さい。
*腎機能検査で軽い異常を認めます。経過を見て下さい。

それぞれの数値が如何ほどかを披露するつもりは無い。要は長年の不摂生が結果として表れただけだ。ここ数年、同じような指摘を受けていた。精密検査を受ける度胸が無くて、そのままにしていたのだが、こうやって毎年、その数値が前年より上回る結果になっていては、多少なりとも不安が起きてくるのは否めない事実である。

酒について、毎日の晩酌や時々の飲み会においての暴飲暴食のツケがここにきてはっきりとその成果を見せ付けている。
食事について、好きな油物や、濃い味付けを好む習性がそれぞれの検査結果に如実に表れているようだ。

しかし、そんな身体の異常よりも深刻な問題がある。私のギャンブル中毒だ。数十年と続くこの病気は未だにその衰えを知らない。そして、毎月繰り返す困窮生活をこの場で語る愚かさにほとほと呆れ果てているのだ。その苦しさを解消しようという努力さえ放棄しているのである。これまでに何度か試みた事がある。でも数日でその挑戦も終わってしまうのだ。本当の我慢をしきれない。意志が弱いということだろう。何とかなるといった甘えが、月単位で訪れる給料日をあてにしたその場凌ぎで繕い、金が入ればまた同じ過ちを繰り返すだけだった。

天涯孤独で頼る人も居なければ、私が今まで行ってきた行為は無かったのだ。それだけ人に頼っている甘さがある。もう、そんな生活に決別しなければならない。老後の安定さえ手に入れられないまま、野垂れ死にする人生を何故、分かっていながら選ぼうとしているのか。刹那の快楽に溺れる情けない性分。終わらなければ理解しない浅はかな日常の中で、私は迷っている。ただ、一日が過ぎればいいと半ば投げやりな感性が、もう十年近く経った。

46年ぶりの日本での皆既日食に話題が集中した。ただそれだけのことに、人々が関心を持ち気持ちを高揚させる。生きている事が不思議なくらい、私の存在理由がないと思う瞬間だった。私には何も無い。ただそれだけが私の心の中に残った。

ごく自然理路整然の日々過ごし bud

  1. 2009/07/22(水) 22:05:42|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9
前のページ 次のページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約