弱音を吐く

2009.06.22 Mon

これまで更新できなかった理由はPCの不調なのだが、ネットから離れて気付くこともある。まだイライラする環境の下、頑張って少し書いてみたい。

最近、携帯に登録している政治ブログをよく読んでいる。その中で「喜八ログ」というサイトがある。6月20日の日記に興味深い記事があったので紹介したい。

話を「人と人との付き合いの難しさ」に向けていこうと思います。

縁があって、人と人が巡り合う。
なんだかお互いに「気が合う」ような気がする。
ときには「物凄く気が合う!」気がする。
価値観や生き方が非常に近いと感じる。
友人関係がスタートする。

けれども。
人と人との付き合いは、仲良くなってからが厄介。
「友だち」をつくるのは、けっして簡単なことではないのです(特に
オトナになってからは)。
これが私(喜八)の切実なる実感であります。

ひとつの「敗因」として。。
相手の中に「理想的なイメージ」を見てしまう。
「うわ〜、この人凄いな、素敵だな」と。
でも、これは「幻影」であることが多いのですね。
幻影ですから、いずれはどこかの時点で幻滅する可能性が高いのです。
そして裏切られたような気持ちになる。
些細な「違い」をきっかけとして心が離れていく。
信頼関係が急激に消滅してしまうことだって少なくありません。

親密さが増すこと自体が、仲たがいのリスクを増すことに直結する。
これは「普通」に見られる傾向だと思います。


上記の文章を読んで今まで気にも留めなかったいろんな事を少し深く考えてみたいと思った。ひとつはブログでのコメントのやりとりである。それと言葉の怖さだ。何気なく放った一言が大きな波紋を引き起こすことだってある。人それぞれの受け止め方は千差万別だ。これまでに大過なく過ごせて来れたのも偏に心温かい読者に恵まれたからだと思っている。

しかし、これからもそういった状態が続くとは限らない。不信という言葉がある。これが誤解の上に成り立つ場合、それを打ち消すには非常な苦労を伴うものだ。弁解は全て言い訳となる。だったら、何も言うまいとなってしまう。何が言いたいかって?支離滅裂な文章になりそうだからこれ以上は書かないけど、気持ちが落ち込んでいるのは確かだ。

来月は安い中古のPCでも買いたいと思っている。もう今月は更新しないので、その頃にでも覗いて下さい。

もう大人一人称にさようなら bud

  1. 2009/06/22(月) 20:37:27|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:15

突発ですが

2009.06.04 Thu

今月1日より、とある事情によって日記の更新及びコメントやメールの返信等が困難な状況になっています。甚だ失礼ではありますが、ご了承下さい。後日、改めてご返事申し上げます。

ある午後に汝の心犯しだす bud

  1. 2009/06/04(木) 22:15:03|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約