臨界に達してきた

2008.01.31 Thu

今の職場、とても居心地が悪い。ある程度は覚悟して移動したことは先にも書いた。気にしないでやり過ごそうと意識はしていたものの、温厚な私でさえ、ある限度を感じ始めている。

とにかく、雰囲気が異常だ。各個人がばらばらに動いて、超マイペースなのだ。人をけなし、悪口を吹聴する。それに呼応するように周りは同調しているが、居ないときはそれらの人間さえ、同じように陰口を叩かれているのである。

多分、私もそんな目で見られていると考えてもおかしくない。自分だけが犠牲者で、一生懸命働いていると錯覚している。確かに遠目から見ても、その不公平さはあるかも知れないが、部署や立場もあり、自分の持ち場を基準に単純な比較をすれば、不満が溜まるのは理解できる。

だが、それらの感情は人間的な不信感で好き嫌いが生じているに過ぎないのであって、立場が変われば全く違った展開になるのである。意識すればするほど嫌悪感は増幅し、もうその溝は深まるばかりだ。

勿論、世の中はそんな世界で溢れている訳だが、疲れることに変わりはない。よく過去を振り返り、あの時は良かったと懐かしむものだ。嫌なことはすっかり忘れて、楽しかった思い出をいつまでも憶えている。まことに身勝手な思いではあっても、そんな風にでも思わなきゃ、やってられない毎日なのである。

今宵も酒で心を癒し、気分を紛らわしている。しかし、ストレス解消、気分転換に悪戦苦闘しながら現代を生きる者にとって、見えない敵どころか、目の前の見える敵が多すぎるとは困った現実だよ(笑)

定まった量を持たない一人酒 bud

  1. 2008/01/31(木) 22:03:03|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

あれから三年

2008.01.30 Wed

ラ・ピスタ新橋の会員登録の更新案内が送られてきた。



三年前、忘れてしまったがどこぞや(たしか静岡だったかな?)の競輪場に遠征し、その帰り道ナイターをやっていたラ・ピスタ新橋へ連携相手に連れて行かれ、その場で即入会した。酔っ払っていて、申込書の文字が判読不能で、受付の女の子を困らせていたぞと、あとで揶揄されたことを思い出す。

遠く九州に居て、会員制の場外車券売り場を素敵な空間と捉え、限られた人だけが集うあこがれの博打場のイメージを抱いていたのだ。関東近郊の居住者、若しくは勤務先がそのエリアに存在する人だけに、入会資格があると聞いていて諦めていた。

しかし、いとも簡単に入会できたのだ。年に数回上京していた頃は、一人で行った事もあった。でも、指定席フロアー以外の一般フロアーは居心地が悪く、長時間の参戦は苦痛だ。座るスペースも限られている。そして昨年は一度も上京する機会がなく、すっかりその存在さえ忘れがちになっていた。

さて、3月31日までに現地で更新手続きを終えなければ無効となってしまう。今のままでは、その利用価値も皆無なのだが、いざ上京の折に出向く機会があるかも知れない。わざわざ、その締切日までに旅費を払って行く価値があるだろうか?一旦、解約して、行きたければその日に入会すれば済むのかも知れないな。九州で、この会員証を持ってる人って、何人いるんだろうか?

ステータスそんな言葉に憧れた bud

  1. 2008/01/30(水) 21:45:19|
  2. 競輪|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつもの調子で

2008.01.29 Tue

昼休み、携帯から千葉5Rを打った。一番車の稲垣が気になって、1−239−全の三連複を買った。


このレース、大量落車となり、7車が落車して1−6と入線した。再乗した2番車が3着、そのあとは5番、7番とゴールした。このまま確定すれば、三連複1−2−6で28430円の配当である。


しかし、二箇所から赤旗が上がった。審議対象選手は1着入線の1番と3着入選の2番と着外の9番だ。1番が失格すれば恐ろしい配当になって、私の車券もパーになる。2車単の配当はこれ↓


三連複でもこれ↓


そして、三連単がこれになる↓


審議対象になった三人がそろって失格となり、落車を避けただけの最弱な6番車が、たなぼたで勝利を得たのだ。世の中、何があるか分からないという最適な見本の一例である。

あれだけごちゃついたら、多分失格だろうとの予測はしていたものの、現実に的中車券を一瞬は手にしていたのだ。長い競輪人生の中では、これと逆のケースを何度も経験している。だから、何も言わない。最後に確定した着順を買っているかどうかが博打の勝ちに繋がるだけだ。

その過程は意味を成さない。勝ったものが一番なのだ。辛うじて、口座に21枚が残っている。今日のようなレースを再度期待すべく、穴好きは468を追いかけるしかあるまい。

欲深く浮世を渡る鳥になり bud


  1. 2008/01/29(火) 19:44:01|
  2. 競輪|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

穏やかなことは幸せ

2008.01.28 Mon

二週間、更新をしなかった。安否を気遣うメールをもらった。実に有難い気持ちと受け止めている。私もそうであるように、更新をしていないと分かっていても、毎夜訪れるサイトがある。だから、アクセスをしてくれている方々には、ご心配をかけて申し訳ない気持ちだった。

楽しみにしていた小倉競輪祭。遠来の客を迎える地元人として、その期待を裏切る行為に、陳謝するのみである。日々平穏に暮らす事が、どれだけ幸せな事かを思い知らされたこの10日間。内容は詳しく語れないが、やっと昨日に一段落した。完全な解決には至っていないが、形だけは作ってきた。

また明日から以前の姿に戻る。戻りたくない部分が多いんだけど(笑)やや抽象的な文面になったが、これ以下でもこれ以上でもない心の葛藤がちょっぴり私を悩ましたのは事実だった。

贅沢を缶詰にして蹴り飛ばす bud

  1. 2008/01/28(月) 20:49:51|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

そぼ降る雨

2008.01.13 Sun

何だか気が滅入っている。思うように行かない現実は冷たい雨に打たれたように私をうすら寒い世界へ落し込んでいる。

近況は、おぼつかない足取りで日々を暮らしているよ。競輪は相変わらず打っているが、芳しい成果は上げられない。そんな中で、酒だけは贈り物をもらったりして、当分は間に合う有難さだ。

連休初日、だらだらといつものパターンで一日を終えた。相当な飲酒量であろう。競輪の負けもそれに劣らない(笑)寒暖の差が激しい。今のところ、身体に異常はきたしていないが、いつ風邪に罹るか分からない。普段の不摂生は永遠に続いている。いつしか遠くない時期に、私は大きな試練に出合うだろう。

何もない人生だ。瞬間に喜怒哀楽を感じるだけの日々が、明日からも変わることなく続くだろう。夢や希望を持つ事は誰にでもできる。しかし、この世ってそんな本当に小さな楽しみさえ、奪ってしまう残酷な世界だな。

今夜は遅くまで起きていよう。いろんな事を妄想したいから。酒はまだある。一升瓶が何本も転がっているが、それぞれに私の思いがその中に残っている。

見飽きても部屋の中には酒の瓶 bud

  1. 2008/01/13(日) 23:27:32|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約