やさしさがある

2007.09.30 Sun

今夜三度目の記事を書いている。こんなことは過去に一度もない。書かずにはいられないものがあったからだ。今日の最初の日記にヤラレ続け、ホテル代さえ捻出できないなどと書いたものだから、関西在住の連携相手から「拙宅に泊まったら」とのメールをもらう羽目になった。感謝感激雨あられとは、こういうことを言うのだろうと、まじに思った。ありがたい言葉だ。やはり持つべきものは輪友である。

過去に何度も旅打ちをして、その地の輪友にお世話になっている。年に一度あるかないかの出来事ではあるが、ずっと深い仲で繋がっているような接し方をしてくれる。そういう人が数人居るのだ。そのことが生きていて良かったと正直思えるほどの嬉しさになっている。人はもろいものだ。きっと誰かに支えられなければ生きては行けない。だから幸せを実感する。

これで、吹っ切れた。たった今、予約していたホテルをキャンセルした。六千円ほどが浮いたのだ。その予算を車券に使うか飲み代に使うか迷う事もないだろう。飲むぞ〜!その輪友が言っていた。「鴨川に飛び込むぐらい飲みましょう」ってね(笑)京都での楽しい夜を過ごせるよう、私はその日まで耐えるつもりだ。ありがとうね、○○さん♪

  1. 2007/09/30(日) 21:46:49|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

本日の結果

2007.09.30 Sun

酒量=缶ビール500ml×1、350ml×4、日本酒3合、焼酎1合
競輪=−100枚
競馬=−50枚

上記の厭きられる結果で今日を過ごした。なんの進歩もない人生をひたすら歩んでいると言うべきだろう。一週間後に控えた向日町遠征の資金は確実に溶けていく現実を前にして、私は焦りよりも諦めの心境になっている。

いろんなパターンを想定して私は今回の遠征に賭けているのに、女神は私を見放す。結果的に何もしないのが一番良い方法だった事を今夜知った。要は過去の経験を活かしきれない馬鹿の醜態がここにあるだけだ。給料後の損失は、650枚になった。航空券だけを確保しているものの、あなたは何しに京都くんだりまで行くのって言われそうだ。

私は博才がないのを身を持って知っている。だが、競輪をはじめギャンブルを止めようと思ったことは一度もない。いくら負けようが私はそれが天性だと思い込んでいるのだ。雑音は聞こえないし、信じる道を進むしかないのである。なんと言われようが私の進む道は決まっている。抜け殻にならないためにも、潰れない程度にずっと続けて行きたい楽しみなのだ。

朝夕に冷気を感じる昨今、確実に秋の気配は忍び寄っている。季節の変わり目には体調にも変化が生じるものだ。余裕のない生活には慣れているものの、あまりにも惨めな暮らしはいただけない。わずかな資金での参戦になりそうだが、私には久しぶりに会う輪友との再会で心を癒してもらおうと思う。

待ってろよ!とびっきりの笑顔で会いに行くよ。旨い酒が飲めたらいいんだ。競輪の勝ち負けなんて二の次で、人のつながりを大切に持ち続けたいと思っているからさ、楽しみに待っててね♪早く来ないかなその日が、こうなっては明日からは禁輪だな(笑)

九つの色に夢追う負けいくさ bud 

  1. 2007/09/30(日) 20:46:45|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ゆるりと流れる休日

2007.09.30 Sun

競輪愛好者にとって記念競輪は楽しみのひとつなんだが、こうも連続開催ではその鮮度も褪せてしまいそうである。今日は取手競輪の優勝戦。28日から3日間で私の口座は入金だけの操作を強いられて、向日町参戦資金が溶けていく状況になっている。「みてるだけ!」というせりふで人気のあったCMを思い出させるように、現地での観戦はおろかホテル代さえ捻出できない危機が迫ってきているのだ。最低の資金をいくらに設定しようが、無一文で出向く訳にもいくまい(笑)

そんな最悪の展開から脱出しようと試みながら、今日も懲りずに打ってはいるが、どんよりとした曇り空と同じように芳しくない結果が続いている。とりあえず、今後の暮らしを少しでも楽にするため食材の買出しに行った。冷凍食品とチルド食品を二週間分ほど補充する。しかし、酒だけは買い置きできないのだ。何故なら、あるだけ飲んでしまう習性があるからである。必要最小限を毎日買ってきて飲まなければ、ビールなんて6缶パックなど買おうものなら、即日で終了してしまう。在庫がなければ飲めない。体験に裏付けされた生活の知恵である。

もう少しすれば、競馬のG?も発走しそうだ。買いたいが競輪も当たらないのにそこまでの余裕はない。我慢するしかないだろう。あと一週間、今現在の残高をどこまで残せるか試練の日々が続く。おっ、たった今岸和田と青森の9Rの3連複が的中したよ♪さて、この89枚が残るレースでどう変化するか見守りたい。酒はある。つまみもある。晴れの舞台が用意されているのに、演じる役者が大根だからな。カーテンコールに一度くらい涙してみたいものだが(爆)

  1. 2007/09/30(日) 15:26:43|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

長い一日

2007.09.29 Sat

朝、目が覚めたのが7時58分だった。会社に8時までに行かなければならないのにだ。慌てる元気もなかった。実は昨夜、会社合併後の組織編成にあたり、上司から移動の話を説明する話し合いがあった。宴席を用意され、専務と部長が同席する。私ともうひとり別の工場の人間が呼ばれていた。酒を飲みながらの話となった訳だが、いろんな意見を戦わして心情を吐露した。しかし、このことは会社の既定方針なのだ。いくら反目しようが、最終的には呑まなければならない。サラリーマンの宿命ともいえる。

その後、ニュークラブへと移動する。花金の歓楽街は月末も手伝って多くの酔客で賑わっていた。私がよく行く店を紹介し連れて行ったのはよかったのだが、あいにく満席だった。人気店に並ぶように、入り口の横にある十脚ほどの椅子に座って三組ぐらいの客が待っている。飲み屋に行って待つなんてことはできるはずもない。そこを出て、中洲河畔の道沿いにある専務が知っているクラブへ行った。今は、そんな店に行っても焼酎ばかり飲んでいる。最初の店でも結構飲んでいたが、この店でも注がれるままに杯を重ねてしまった。

二人の女の子と話が弾んだ。ひとりが聖(ひじり)ちゃん、もうひとりが花麗(かれん)ちゃんである。おじさんにとっては、若いだけでもう魅力的なのである(笑)たわいない話に終始しようが、一時の楽しい時間が流れるだけでいいのだ。かれんちゃんとはブログの話になって、私が競輪好きなことも話し、この日記の存在も教えてしまった。さて、読んでもらえるだろうか?そんな具合で、その店を深夜の一時頃に出て、お決まりの屋台でラーメンのコース経て、家に帰り着いたのが二時になっていたのだ。そんな理由で、朝をすんなり迎えられなかったのである。

  1. 2007/09/29(土) 22:28:12|
  2. つぶやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

向日町参戦決定!

2007.09.27 Thu




いつまでも私は馬鹿じゃない。やわさんの誘いに乗った訳じゃないが、先にも書いてたように今年残る二つの特別競輪のひとつである共同通信社杯競輪に行く事を決めた。航空券も予約を入れた。明日購入する。ホテルは京都市内の何処も満室になっている。そこで新大阪に空いてるホテルがあったので予約を入れた。10月7〜8日、遠征費用は3万3千円ほどである。明日の川崎ナイターの結果次第で当日の車券購入資金が左右されそうだが、せめて最低でも3万ぐらいは持って行きたいな。

いつもの調子だと、多分7日の日には全滅といったケースも予想される。明晩だけでも遊ばせてもらいたいが、さてどうなることか?その間の我慢に耐えられるか自信が無いのだ。しかし、わずかな資金で参戦するのも侘しく芸が無い。ここは、しっかりと目標に照準を合わせて計画を立てるべきだろう。その辺の意識が試されているんだからね。

明日は、健康診断もあるというのに、焼酎を三杯も飲んでいる。我が進路を決定付ける話を上司ともしなければならない。それなのに、心は向日町参戦で手一杯なのである。全ては時間が解決する。成るようにしか成らない現実を嫌というほど味わっているじゃないか、今更何をどうしろというのだろう。輪友と電話で話しながら、その日の光景を目に浮かべ楽しいひと時に私の意識は先へ先へと飛んで行くのだった。

さて、今宵も過ぎて行く。人は楽しきことを考えたほうが良い。嫌なことは忘れるべきだ。未来への希望や夢を実践する。そこへ心を集中させて前向きに生きよう。まだまだ老いるには早い。何もかもがハッピーに推移するように私は私をコントロールしたいのだ。てへ〜!(笑)

  1. 2007/09/27(木) 20:58:01|
  2. 旅打ち|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約